• 印刷する

新型コロナ変異株24件に増加、保健相

インドネシアのブディ保健相は10日、新型コロナウイルスの変異株について、これまでに国内で少なくとも24件が確認されたと発表した。英国由来の「B117」、インド由来の「B1617」、南アフリカ由来の「B1351」のいずれも1月には既に国内に侵入していたことを明らかにした。

ブディ保健相によると、B117は13件、B1617は10件、B1351は1件が確認された。このうち3分の1以上は1月に検体を採取していた。ブディ保健相は「英国由来は感染例が最も多く、1月には国内に侵入しており、スマトラ島やカリマンタン島、バリ島などに広がったことが分かる」と述べた。

日系企業の製造拠点も多い西ジャワ州カラワン県では計4件が確認されている。

南スマトラ州パレンバン市の病院に勤めるハルン医師は地元メディアに対し、変異株の特定は時間を要するために公表が遅くなると説明した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

トヨタ「ライズ」6千件超成約 未発売エンジンモデルの前倒しも(06/18)

首都の対面授業、試験実施を一時停止(06/18)

6月政策金利3.5%、4カ月連続で据え置き(06/18)

医薬品メルク、東南アの生産ハブに(06/18)

農園大手、バイオ燃料増産に3600億ルピア(06/18)

道路公団子会社、光ファイバー敷設を計画(06/18)

ガルーダフード、1~3月の売上高1.2%増(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン