• 印刷する

外国人家政婦、期限までに34万人が検査

香港政府食品・衛生局によると、今月1日から9日午後6時までに新型コロナウイルスのPCR検査を受けた外国人家政婦は約34万人に達した。政府は9日までに全ての外国人家政婦が同検査を受けるよう義務付けていた。

このほか、新型コロナのワクチンを既に2回接種済みの外国人家政婦は約4万人となった。香港にいる外国人家政婦は約37万人。ワクチンを2回接種済みであればPCR検査は免除されることから、検査対象となる外国人家政婦のほぼ全員が期限内に検査を終えたとみられる。

食品・衛生局報道官は「外国人家政婦と雇い主の協力に感謝する」との声明を発表した。

香港では先月中旬以降、感染力が強くワクチンの効果を下げるといわれる変異株の感染者が市中で相次ぎ見つかった。政府は特に感染経路が当時不明だったフィリピン人家政婦の感染事例を重く見て、全ての外国人家政婦が9日までにPCR検査を受けるよう先月30日に号令を発していた。


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

壱伝媒、事業失い存亡の危機 蘋果日報と壱週刊がともに廃刊(06/25)

蘋果日報、26年の歴史に幕(06/25)

域内で1人感染、「L452R」変異株(06/25)

インドネシア発の旅客機、25日から着陸禁止(06/25)

ワクチン接種200万人を突破、接種率は3割(06/25)

続伸、ハイテク株好調続く=香港株式(06/25)

香港航空、700人の人員削減実行へ(06/25)

地場物流ララムーブ、米国でIPO申請か(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン