豪企が買収対象のM&A、1980年以来で最高

オーストラリア企業のM&A(合併・買収)活動が活発化している。米金融情報会社リフィニティブの調べによると、年初来4カ月間に買収対象が国内企業のM&Aは447件で、取引総額は505億豪ドル(約4兆3,025億円)と1980年以来で最高となっている。オーストラリアン・ファイナンシ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

炭層メタンガス、22年に国内初の生産開始へ(06/18)

テイクオフ:シドニー北部のある駅の…(06/18)

豪5月失業率5.1%、コロナ前水準まで回復(06/18)

給与補助終了で解雇の社員、大企業が再雇用(06/18)

最低賃金引上げ、雇用市場に悪影響=豪財界(06/18)

記事対価が世界的課題、ネット普及で紙媒体不振(06/18)

過去10年の豪生活水準、50年代以降で最低水準(06/18)

株価急落のネット販売セタイア、豪紙を非難(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン