• 印刷する

テイクオフ:「私のソムタムとどっち…

「私のソムタムとどっちがおいしかったか、今度来たときに教えて」。たまに立ち寄るイサーン料理店の女性店主が、ちゃめっ気たっぷりに笑った。隣では新入りという店員が、青パパイアを臼でたたいている。普段から作っているのか、慣れた手つきで作り、持ち帰り用のプラスチック袋に詰め込んだ。

タイを代表する料理の一つであるソムタムは一見シンプルだが、作り手によって味が異なるといわれる。とはいえ、材料は同じなのだから、そこまで変わらないだろうと思いつつ食べてみると、店主の味とは明らかに違った。おいしいが、どこか物足りない。調味料の分量の違いなのだろうか。

店主のソムタムを再び食べたいと思い訪れたところ、全く別の店に変わっていた。もう食べられないと思うと、余計に食べたくなる。コロナが収束したら、あの笑顔とソムタムに再会できるといいのだが。(香)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染3039人、接種後の死亡例調査(18日)(16:08)

電動車の保有台数、28年に100万台=国営銀(15:27)

三菱商事、ラオスの風力発電開発企業に出資(06/18)

成長の道筋示し、実務で成果 プラユット政権7年の評価(上)(06/18)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

市中感染3106人、従業員向け接種再開(17日)(06/18)

車部品FPI、マレーシア封鎖で受注拡大(06/18)

MG、EV充電スタンドの設置目標引き下げ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン