レバラン控え預金引き出し、総額99兆ルピア

インドネシア中央銀行によると、消費が活発になるイスラム教の断食明け大祭(レバラン、今年は13~14日)を控え、市中銀行ではレバランの7日前に当たる6日までに総額99兆ルピア(約7,565億円)の預金が引き出された。7日付インベストール・デーリーとコンタンが伝えた。 中銀は…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シャリア銀行に人材の流れ、宗教保守化で(14:16)

子どもの新規感染急増、専門家が警告(13:30)

テイクオフ:貯金は将来の生活のため…(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

【この人に聞く】不安な隔離生活を快適に 5つ星アヤナ・ミッドプラザ(06/22)

国営石油、低炭素技術実用へ日系と共同調査(06/22)

自動車ターミナル、5月の取扱台数が大幅増(06/22)

製造業の操業許可、累計1万9000社に付与(06/22)

世銀、課税事業者の下限売上高引き下げ提案(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン