昨年4月から1年間で1300の小売店が閉店

インドネシア小売業協会(Aprindo)によると、新型コロナウイルスの流行が始まった昨年4月から今年3月までの1年間に、全国で約1,250~1,300店の小売店が閉店に追い込まれた。需要の急激な減少が影響した。6日付コンタンが伝えた。 Aprindoによると、昨年4~12…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ニッケル製錬所オビ島で稼働 国内初、EV電池材料を生産へ(06/25)

首都オフィス出社25%に、新規感染7千人超(06/25)

LGとのバッテリー工場、23年稼働目指す(06/25)

EC大手ブカラパック、7月末にIPO予定(06/25)

インドネシア発の旅客機、25日から着陸禁止(06/25)

デジタル決済、コロナ影響で拡大続く(06/25)

通信相、電子商取引法のガイドライン発表(06/25)

中ジャワ州廃棄物発電施設、22年完成予定(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン