フィリピン航空、月内に民事再生法申請も

フィリピン航空(PAL)は、月内に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請する見通しだ。6日付インクワイラーなどが伝えた。 新型コロナウイルス禍に伴う経営悪化で、約50億米ドル(約5,470億円)に上る債務の返済に行き詰まっている。連邦破産法11条の適用を…

関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 金融運輸


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに7302人感染(20:52)

新型コロナ、新たに6686人感染(06/11)

新型コロナ、新たに8027人感染(09:49)

経済活動、一段の緩和も 首都圏と周辺州、政府検討(06/11)

新型コロナ、新たに7485人感染(06/11)

政策金利2.0%を維持、5会合連続(06/11)

マカティ市、従業員ら向け接種会場開設(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン