イオン、コロナで客単価倍増 購買行動変化、食品や自転車拡大

総合スーパーのイオンは昨年、インドネシアの店舗での客単価が前年の1.5~2倍に増加した。新型コロナウイルスの影響で外食を避けて自炊する人が増えたほか、健康意識が向上したことでイオンが強みとする肉や魚、野菜など生鮮食品の需要が増えた。コロナ禍前から取引量を増やしてい…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

MGRC、インドネシアで遺伝子検査参入(18:33)

テイクオフ:モールや飲食店では、コ…(10/25)

来年の住宅ローン2桁成長も 住宅販売額には影響薄か(10/25)

スズキ子会社不正アクセス、工場一部停止(10/25)

移動規制緩和、国内線の搭乗率70%以上可に(10/25)

石炭火力発電所の廃炉へ、ア開銀と協議開始(10/25)

ガルーダ航空の債務支払猶予、裁判所が棄却(10/25)

出光興産、中南部でブラックペレット生産へ(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン