失業率5%未満、就業者20万人増が必要

オーストラリア政府が11日に発表する新年度予算案で目標とする、失業率5%未満への引き下げと賃金上昇率の加速を実現するには、就業者が最大20万人増える必要がある。エコノミストは、歴史的に見ても低い失業率目標を年内に達成できる可能性は低く、財政再建は2022年5月後半まで…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:利用しているシドニーの…(06/25)

10月にもアストラ製接種終了 ファイザーなどと切り替えへ(06/25)

NSW農相が陽性、議員間での感染拡大懸念(06/25)

豪観光業が800億$損失、州境規制でまた打撃(06/25)

ウールワース、コロナで「メトロ」資産評価減(06/25)

服飾ジェネラル・パンツ、売却へ(06/25)

米制裁に反発、商務省「必要な措置取る」(06/25)

豪開発企とKPMGが世界初、建物品質を追跡(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン