• 印刷する

グローブCEO、米ライブパーソン取締役に

フィリピンの通信大手グローブ・テレコムのアーネスト・クー社長兼最高経営責任者(CEO)が26日、米ナスダック上場の米IT企業ライブパーソンの取締役に就任した。両社が発表した。

ライブパーソンは対話型AIを活用した商取引へと事業分野の移行を進めており、クー氏には需要増大への対応で力を発揮することが期待されている。クー氏は今後もグローブのCEOを続ける。

ライブパーソンは、電子決済サービス「Gキャッシュ」など、グローブのデジタル事業への移行を指揮した人物としてクー氏を紹介した。フィリピンで顧客窓口業務を請け負うビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)産業を先導した先駆者であり、国民の生活スタイルをモバイル中心に変容させたと説明している。


関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

「低リスク」は隔離免除、対象リストも更新(10/15)

新型コロナ、新たに7625人感染(10/15)

入国隔離免除、方針見直しへ 政府で未調整、16日以降に新規制(10/15)

新型コロナ、新たに7835人感染(10/15)

首都圏の外出制限、ガイドラインを改定(10/15)

首都圏の感染ペース鈍化傾向、比大機関(10/15)

労働省、賞与支給へ雇用主に融資検討(10/15)

事業者支援は助成より制限緩和、経済開発庁(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン