• 印刷する

インド版・柿の種、中東と豪州に輸出開始

インド版・柿の種の味は「ソルト&ペッパー」など4種類。インドから世界への輸出を計画する(NNA撮影)

インド版・柿の種の味は「ソルト&ペッパー」など4種類。インドから世界への輸出を計画する(NNA撮影)

亀田製菓のインド合弁ダワット・カメダはこのほど、国内で生産するインド版・柿の種「KARI KARI(カリカリ)」のアラブ首長国連邦(UAE)とオーストラリアへの輸出を開始したと発表した。

ダワット・カメダの河野純・取締役によると、UAEではフランスの小売り大手カルフール、オーストラリアではドイツの小売り大手アルディで「定番入り」(常時取り扱う商品のリストに入ること)が決まったことから、輸出を開始した。UAEのドバイ、オーストラリアのシドニーとパースで購入可能になるという。

UAE向けの初出荷は2月末に行った。UAE以外の中東諸国への販路拡大も予定。インドを生産拠点として将来的に、世界のより多くの国にカリカリを輸出していく計画だ。

カリカリは、昨年1月にインドで発売した。北部ハリヤナ州ソニパットの工場で生産している。現在は大都市の大手スーパーを中心に1,000カ所の実店舗と、米系アマゾン・インディアや地場フリップカート、ビッグバスケットといった大手インターネット通販サイトで販売している。3月末には自動販売機70台での取り扱いも開始。自販機への商品投入も拡大していく方針だ。


関連国・地域: オセアニアインド日本中東
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

エタノール貯蔵能力増強へ 国営石油3社、バイオ燃料政策で(06/24)

ミャンマー危機、「域内貿易協議の妨げ」(06/24)

タタ自、EV「ネクソン」発火で調査開始(06/24)

豪印、中国にらみ協力強化 両国の国防相が会談(06/24)

自部品の独ベーアへラ、西部プネで工場稼働(06/24)

ガス公社、LNG供給に小型液化装置を導入(06/24)

印ドローン新興ガルーダ、マレーシアに工場(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン