TSMC、水不足で一部生産を南京に移管か

22日付経済日報(電子版)は、ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が12インチウエハー約2万枚の生産能力を中国江蘇省南京市の工場に移管するとの観測が出ていると伝えた。台湾で続く水不足が理由だという。 台湾域内で新工場を建設する…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ついにか――。新型コロ…(05/17)

コロナ域内感染者、最多続く 警戒レベル引き上げ、日常が一変(05/17)

台北と新北のコロナ警戒、3級に引き上げ(05/17)

新型コロナ域内感染206人、3日連続で最多(05/17)

隔離中のPCR検査増加、水際対策を強化(05/17)

陰圧病床が逼迫、軽症者に自宅待機呼び掛け(05/17)

台湾からの渡航者、待機措置の対象に(05/17)

台湾大手各社、コロナ警戒で在宅勤務推進(05/17)

金管会、域内銀行は17日も通常通り営業へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン