SK建設、越発電事業で国連認定を取得

韓国SKグループ傘下のSK建設は22日、ベトナムで同社が実施している温室効果ガス削減プログラム「PoA(Program of Activity)」が、国連の認定事業になったと発表した。朝鮮ビズが伝えた。 SK建設がベトナムで推進する太陽光および風力発電事業は4月に、国連気候変動枠組…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「攻め」の姿勢で上位目指す MUFGの東南アジア戦略(2)(05/07)

商業銀、融資拡大で大幅増益 1Q、低い調達金利も寄与(05/07)

市中感染64人増、病院例で北部全体に広がり(05/07)

隔離延長に韓国企業から不満、大使館が協議(05/07)

セメントやゴム高騰、原料価格転嫁進む(05/07)

建築資材タイHD、新株発行で1.4億ドル調達へ(05/07)

ラート、越の風力発電所への出資で契約(05/07)

建設ビナコネックス、1Qは大幅増益(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン