国発会、AIoT推進に4年で200億元

台湾国家発展委員会(国発会)の高仙桂・副主任委員は21日、政府が推進する「亜洲セキ谷計画(アジアのシリコンバレー構想、セキ=石へんに夕)」の第2段階で、AIoT(人工知能=AIとモノのインターネット=IoTの結合)技術の産業への導入を拡大する方針を示した。向こう…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾で新型コロナウイル…(06/23)

外国人労働者の管理に新規定 コロナ拡大で、対応遅れ指摘も(06/23)

新型コロナ域内感染、2日連続で2桁(06/23)

接種対象を拡大、65歳以上から可に(06/23)

タクシー運転手らに優先接種、来月から(06/23)

コロナ警戒レベル、23日昼に方針発表へ(06/23)

HTCと中台科技大、医療人材育成で協力(06/23)

工研院のAI検温装置、TSMCなどが採用(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン