• 印刷する

観光客受け入れ再延期、バタムとビンタン島

インドネシア・リアウ諸島州のアンサル知事は19日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた観光産業を支援するため、同州バタム、ビンタン両島とシンガポール間で実施する予定の観光客の受け入れ再開が、8月になるとの見通しを明らかにした。当初は21日から開始予定だったが、今月に入って5月開始に延期されたばかり。国営アンタラ通信などが伝えた。

両国は、感染リスクが低い国・地域間で入国・入境規制を緩和する「トラベル・バブル」政策の一環で、バタム島ノンサとビンタン島ラゴイへのシンガポール人観光客の渡航を認める予定。延期の理由について、アンサル知事は、シンガポール側がリアウ諸島州での新型コロナ感染者の増加傾向を懸念しているためと説明した。

インドネシア政府はトラベル・バブルを、リアウ諸島州のほかバリ州のギアニャール県ウブド、バドゥン県ヌサドゥア、デンパサール市サヌールの観光地に導入する計画。サンディアガ・ウノ観光・創造経済相は3月、バリ州への観光客受け入れは6~7月に開始する方針を示している。

政府はトラベル・バブルを、リアウ諸島州バタム、ビンタン両島とバリ州の一部観光地に導入する計画だ(アンタラ通信)

政府はトラベル・バブルを、リアウ諸島州バタム、ビンタン両島とバリ州の一部観光地に導入する計画だ(アンタラ通信)


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:貯金は将来の生活のため…(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

【この人に聞く】不安な隔離生活を快適に 5つ星アヤナ・ミッドプラザ(06/22)

国営石油、低炭素技術実用へ日系と共同調査(06/22)

自動車ターミナル、5月の取扱台数が大幅増(06/22)

製造業の操業許可、累計1万9000社に付与(06/22)

世銀、課税事業者の下限売上高引き下げ提案(06/22)

1~5月の製造業輸出、前年同期比3割増(06/22)

月末に総会、次期会頭を選出予定=商工会(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン