• 印刷する

テイクオフ:東京のコンビニエンスス…

東京のコンビニエンスストアで外国人店員を見かける機会が減った気がする。スーツケースを引っ張る外国人の姿も1年ほど見ていない。しかし、地方の公共交通に乗ると、アジア系の若者が目立つ。車を持っていないからだろう。「この辺りはキャベツ農家が多いからな」「建設現場に向かうのか」などと職業を想像しつつ、外国人労働力が地方経済を支えていることを実感する。

東北地方で路線バスに乗っていた時、山村からインド系の若者が一人乗り込んだ。市街地で降りる際「ノーチェンジ(小銭がない)」と1万円札を差し出す彼。「あ~。次、乗る時払ってください」と運転手が日本語で告げると、一瞬驚いた表情を見せ、分かったという感じで、頭を左右に振った。

残る乗客は2人となったバスの車内。彼の仕事を推測するよりも、運転手の日本語が理解できたのか、が気になってしまった。(遠)


関連国・地域: 日本アジア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

帰国邦人専用PCR施設、グルガオンに設置(05/13)

解放の北角さん、全日空便で成田に到着(05/14)

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(05/14)

シンガポール航空、成田経由LA線を再開(05/14)

【アジア三面記事】学友3人救った青年(05/14)

森永乳業、ベトナムの同業エロヴィ買収(05/14)

JOGMEC、比の石油備蓄構築へ調査(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン