豪首相、米会議前に排出ゼロ方針明確化

オーストラリアのモリソン首相は19日、オーストラリアの二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにする目標について、2050年までの実現が望ましいとし、今後30年間に電源構成(エネルギーミックス)を変えるなどの方針を明らかにした。また、農業と製造業などに焦点をあてた対策を掲げ…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:某チェーン店で収納棚を…(05/07)

シドニー、コロナ規制逆戻り 交通機関などのマスク義務化(05/07)

NZがNSWとバブル停止、豪各州は隔離要請(05/07)

豪政府がデジタル戦略に12億$、早期償却など(05/07)

豪企業のサイバー保険料、昨年から30%上昇(05/07)

豪政府の失業給付額、経済回復で半減見通し(05/07)

伊藤忠、豪企とCO2技術利用建材で協業(05/07)

野村総研、豪AUSIEXの子会社化完了(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン