工業団地の販売・リース面積、上期は66%減

タイ工業団地公団(IEAT)のソムチン総裁によると、2021年度上半期(20年10月~21年3月)の土地販売・リース契約面積は前年度同期比66.1%減の473.5ライ(75.76ヘクタール)にとどまった。新型コロナウイルス感染症の流行が影響した。19日付バンコクポストが報じた。 土地販…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

市中感染者2251人、制限緩和を検討(14日)(18:36)

長城汽車、タイ参入モデル「ハーバル」公開(14:39)

eスポーツが急拡大の兆し 巣ごもりで拍車、雇用創出期待も(05/14)

市中4871人で最多、刑務所で集団感染(13日)(05/14)

EV充電シャージ、市場規模490億円を予測(05/14)

物流JWD、1Qは50.6%の増益(05/14)

工業団地WHA、公益好調で1Qは38%増益(05/14)

不動産AP、低層住宅好調で1Qは7割増収(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン