• 印刷する

スタディスト、テマセク系などから資金調達

スタディストは、マニュアル作成・共有プラットフォームの開発・販売などを手掛けている(同社提供)

スタディストは、マニュアル作成・共有プラットフォームの開発・販売などを手掛けている(同社提供)

電子マニュアルのプラットフォームを開発するスタディスト(東京都千代田区)は19日、シンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングス傘下企業を含む6者から、総額18億5,000万円を調達したと発表した。関連グループ各社を通じた自社サービスの拡販や、東南アジアでの事業展開の加速を狙う。海外事業の売上高を2025年2月期に、現在の約7倍に当たる3億円に拡大するのが目標だ。

テマセク傘下のパビリオン・キャピタルのほか、三井不動産とグローバル・ブレイン(東京都渋谷区)が共同運営するベンチャー投資事業「31VENTURES―グローバル・ブレイン―グロースI事業」、博報堂DYベンチャーズ(東京都港区)から新たに資金を調達した。

既に出資を引き受けているDNXベンチャーズ(東京都港区)、日本ベンチャーキャピタル(東京都千代田区)、米IT大手セールスフォース・ドットコムの投資部門セールスフォース・ベンチャーズからも追加で資金を調達した。

各者からの出資比率は非公開。調達資金は、提供しているプラットフォームの機能改善や、営業人員の強化などに活用する。

スタディストは、10年設立。マニュアル作成・共有プラットフォームの「ティーチミー・ビズ」の開発・販売などを手掛ける。海外では、タイに合弁会社を構えている。

スタディストの鈴木悟史社長はNNAの取材に対し「タイの経営が黒字化したら、マレーシアに地域統括拠点を設けたい。新型コロナウイルスの流行が落ち着いたらという前提だが、2~3年以内と考えている」と明かした。


関連国・地域: タイマレーシアシンガポール日本ASEAN
関連業種: IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

4月輸出額は6%増、5カ月連続プラス成長(18:22)

職場の安全・健康管理違反、摘発急増(17:18)

日本旅行、オンライン買い物ツアー初開催(16:45)

DBS子会社、暗号通貨信託サービスを開始(15:54)

飲食・小売業向け支援再開、感染対策強化で(15:53)

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(05/17)

在宅勤務基本、店内飲食禁止 16日から、経路不明の感染増で(05/17)

学校を在宅学習に移行、19日から10日間(05/17)

ワクチン2回目の接種時期、割当増へ延期も(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン