• 印刷する

《安全》市中感染1765人、最多更新続く(18日)

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は18日、新型コロナの感染者数が1,767人となり1日あたりで過去最多を更新したと発表した。市中感染は1,765人で、死者が2人増えた。

都県別では、首都バンコクが347人で最も多く、東部チョンブリ県が229人、北部チェンマイ県が164人、バンコク北郊ノンタブリ県が100人、南部プラチュアプキリカン県が66人、バンコク東郊サムットプラカン県が64人などとなっている。サムットプラカンでは、2人の外国人教師が4月2~4日にかけてプーケットの娯楽施設を訪問。5~8日にかけて、学校で授業や試験監督、パーティに出席するなどしていた。2人の教師は9日に検査で陽性と判定され、生徒や家族など23人の感染が報告された。新たなクラスター(感染者集団)が発生したとして、懸念が高まっている。

累計の感染者数は4万2,352人で、死者は合計で101人となった。18日には、54歳の男性と70歳の女性の死亡が確認されている。回復者数は2万8,683人。18日には2,876人が1回目のワクチンを接種し、386人が2回目の接種を終えた。累計では60万8,521人が接種している。

CCSAは、「第3波での感染は、全77都県に広がった」とコメント。特に感染者が多いバンコクやチョンブリ県、プラチュアプキリカン県、サムットプラカン県、ノンタブリ県、チェンマイ県の6都県では監視と対策を強化する方針を示している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染2040人、死者27人(7日)(05/07)

4月の外国人会社設立15件、投資額108億円(05/07)

「攻め」の姿勢で上位目指す MUFGの東南アジア戦略(2)(05/07)

市中感染1902人、死者は18人(6日)(05/07)

2Qの住宅建設市況、コロナ第3波で失速(05/07)

1~3月の燃料消費8%減、移動制限が影響(05/07)

SCGのオレフィン増産、月内に本格稼働(05/07)

ラート、越の風力発電所への出資で契約(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン