• 印刷する

テイクオフ:インドの医療現場が心配…

インドの医療現場が心配だ。一部の地域では新型コロナ感染者の急増で状況が悪化している。感染の封じ込めに成功しなければ、全国で状況が悪化する恐れがある。

西部ムンバイや北部デリー、ウッタルプラデシュ州の小都市でも、患者の増加に病院の対応が追いついていない。SNSを見ると、病床が足りないこれらの都市で、友人や親族を入院させるための助けを求める投稿がたくさんある。自身の友人からも、病床探しを手伝ってほしいという連絡を複数受けた。探してみたものの、結局病床は確保できずじまいだ。

治療に利用するレムデシビルは闇取引が始まっているとされる。状況をさらに悪化させているのは、野党が主導する州とモディ政権のコロナ対応を巡る非難の応酬だ。加えて、各地で宗教的な集会や選挙が続いており、陽性者の数はさらに増えそうだ。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南アジアからの入国禁止延長、31日まで(05/14)

マハラシュトラ州の封鎖、6月1日まで延長(05/14)

帰国邦人専用PCR施設、グルガオンに設置(05/13)

二輪ロイヤルが工場停止、13日から4日間(05/13)

スズキ純利益9%増、インド・日本で販売回復(05/14)

鴻海のインド工場幹部、台湾に帰還(05/14)

豊泰がインド工場の操業停止、正新も(05/14)

世界の感染1億6千万人、印で急拡大(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン