• 印刷する

テイクオフ:「英アストラゼネカ製の…

「英アストラゼネカ製の2回目の接種を待っているところだ」。スリランカに住む友人から連絡がきた。人口2千万人強のスリランカでは今年2月、新型コロナの新規感染者数が1日1千人近くとピークに達した。ただ、この頃からワクチン接種も本格化し、現在の感染者は200人程度に抑えられている。

スリランカでの一般人の優先接種は、働き盛りの30~60歳。「高齢者は家にいれば感染を防げるから」と政府の方針を評価する。

インド洋の真珠とも言われるスリランカでは、外国人観光客の入国を条件付きで再開している。一方で、彼が気になるのは年に数回往来していた日本の状況。「日本のワクチン接種はまだ人口の1%程度、感染拡大や外国人の入国制限は当面続く」と話すと肩を落とす。

彼の好物は馬刺しや牡蠣(カキ)。「東京・新橋のガード下で一献」を待ちわびるのは日本人だけではない。(遠)


関連国・地域: インドスリランカ
関連業種: 医療・医薬品サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラジャスタン、10日朝からロックダウン(05/08)

スマホ出荷、1~3月は23%増 過去最多も今後は第2波影響(05/07)

南部ケララ州が封鎖、8日朝から16日まで(05/07)

AP州、5日から2週間の活動制限を導入(05/07)

貧困層に5キロの食糧配給、コロナ対策で(05/07)

コロナで経済にまた打撃、日用品販売16%減(05/07)

4月の有効求人数、第2波で前月比31%減(05/07)

4月の失業率は7.97%、前月から悪化(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン