配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討

米国株式市場に上場予定のシンガポールの配車サービス大手グラブが、シンガポール取引所(SGX)への上場も検討している。事業の本拠地である東南アジアに、一定の投資家を抱えておくことが狙いだ。上場の規模は明らかになっていない。16日付ロイター通信が3人の情報筋の話とし…

関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(05/17)

在宅勤務基本、店内飲食禁止 16日から、経路不明の感染増で(05/17)

学校を在宅学習に移行、19日から10日間(05/17)

ワクチン2回目の接種時期、割当増へ延期も(05/17)

台湾からの渡航者、待機措置の対象に(05/17)

ベトナムからの渡航者、自宅待機不可に(05/17)

シンガポールとの往来再開、26日開始厳しく(05/17)

チャンギ空港と隣接商業施設、一般立入禁止(05/17)

海外感染者の66%、南アジアから入国(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン