• 印刷する

商務省「食品への脅威評価」、処理水放出で

中国商務省の高峰報道官は15日の記者会見で、東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する日本政府の方針決定を巡る日中間の貿易への影響について、「食品や農水産物の安全と貿易にもたらし得る重大な脅威について評価し、消費者の安全を保障する」と述べた。

高氏は「日本政府が国内外の質疑や反対に配慮せず、近隣諸国や国際社会と十分に協議しないまま一方的に放出を決めた」として、「深く懸念している」と述べた。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

4月の新築住宅価格、上昇は62都市で横ばい(15:46)

SKケミ、中国のリサイクル事業者に出資(19:56)

テイクオフ:「もっと右!ちゃんと拾…(05/17)

外国人のワクチン接種3万回 上海市で、入境者の検査強化へ(05/17)

ホンダ純利益44%増、中国回復(05/17)

新型コロナ、23日ぶりに国内感染を確認(05/17)

イオンモールが出店加速、3店新設を決定(05/17)

隔離中のPCR検査増加、水際対策を強化(05/17)

石油資源開発、加のシェールガス権益を売却(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン