シノペックの電池交換施設、25年に5千カ所

中国石油大手の中国石油化工集団(北京市、シノペック)は15日、スマート技術を採用した「新エネルギー車(NEV)」向けの電池交換施設「中石化朝英換電站」を2025年までに5,000カ所設置する計画を発表した。NEVの普及を後押しする。ネットメディアの澎湃新聞が伝えた。 中石…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 自動車・二輪車天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ検査陽性率、3カ月半ぶりに5%切る(19:56)

不動産税収入は最高10兆円、研究機関予測(15:20)

肉牛の育成を強化、中国への輸出拡大へ(10/25)

テイクオフ:中国の7~9月期の経済…(10/25)

外資引き入れの5カ年計画 ハイテクに重点、7千億$目標(10/25)

各地で不動産税導入へ、住宅価格を正常化(10/25)

60年に非化石比率8割に、温暖化対策計画(10/25)

TPPへ加入方針固める、来月初め宣言へ(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン