• 印刷する

テイクオフ:ビザ手続きの関連で先月…

ビザ手続きの関連で先月から週に1~2度のペースで銀行に通っている。マスクをしていても東アジアの客は目立つのかもしれない。何度か訪れると、入り口の扉を押し開けた瞬間にも行員たちがこちらに気付いているのが分かる。

お愛想で笑いかけてくれる人、すっと視線を外す人、反応はさまざまだが、記憶されているのは便利だ。スタッフのほうから「こちらの席へどうぞ」と待ち時間ゼロで案内してくれる。ある女性行員は、「問題があったら私のワッツアップに連絡して」とフレンドリーだ。

ビザ手続きも大詰めを迎え、今週末に再び銀行へ行こうと思っていると、同じ支店を利用する知人からメッセージが来た。通っていたその店、感染者が出たためにしばらく営業を止めるという。まめに通って手に入れたマスク越しの顔パスの地位。次に店を訪れる時も有効だろうか。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スマホ出荷、1~3月は23%増 過去最多も今後は第2波影響(05/07)

南部ケララ州が封鎖、8日朝から16日まで(05/07)

AP州、5日から2週間の活動制限を導入(05/07)

貧困層に5キロの食糧配給、コロナ対策で(05/07)

コロナで経済にまた打撃、日用品販売16%減(05/07)

4月の有効求人数、第2波で前月比31%減(05/07)

4月の失業率は7.97%、前月から悪化(05/07)

準備銀が中小企業救済策、コロナ第2波で(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン