韓国電池に「三つの死角」 LGとSK和解でも募る危機感

韓国バッテリー大手の2社を巡る2年越しの紛争が和解で決着した。その背景には、訴訟問題で事業展開が遅れれば、急成長する市場での競争に取り残されるとの危機感がある。業況面でみれば「中国企業の投資拡大」「完成車メーカーの内製化」「次世代バッテリーの開発遅延」という三…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「アシバ」を「バラシ」…(05/12)

首都圏直下で進むGTX建設 高速鉄道プロジェクト・現場ルポ(05/12)

コロナ新規感染者511人、死者4人増(05/12)

現代自の販売台数、4月は6538台(05/12)

サムスン、DRAMモジュールの限界克服(05/12)

サムスンのスマホ、東南ア市場で首位陥落(05/12)

車販売のEV比率は当面1%未満=現代幹部(05/12)

サムスンMWCに出展せず、オンライン参加(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン