外国人へのコンド譲渡戸数、20年は35%減

タイの政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)は8日、2020年の外国人へのコンドミニアム(分譲マンション)の譲渡戸数が前年比35%減の8,285戸だったと発表した。新型コロナウイルス感染症の流行による外国人の入国制限が重しとなった。国籍別では前年に続い…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

市中感染2040人、死者27人(7日)(05/07)

4月の外国人会社設立15件、投資額108億円(05/07)

「攻め」の姿勢で上位目指す MUFGの東南アジア戦略(2)(05/07)

市中感染1902人、死者は18人(6日)(05/07)

2Qの住宅建設市況、コロナ第3波で失速(05/07)

1~3月の燃料消費8%減、移動制限が影響(05/07)

SCGのオレフィン増産、月内に本格稼働(05/07)

ラート、越の風力発電所への出資で契約(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン