中国が民主派と接触か、クーデター後初

【ヤンゴン共同】ミャンマーのインターネットメディア「イラワジ」は8日、在ミャンマー中国大使館がクーデター後初めて、国民民主連盟(NLD)議員らでつくる民主派と接触したと報じた。中国は国連安全保障理事会で制裁に反対するなど国軍寄りと批判され、ミャンマーでは反中感…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー国境輸出、21年は6%減の見通し(14:30)

ポスコ、ミャンマー国軍系と合弁解消へ(16:30)

正月も、デモや抗議主導者の拘束加速(16:03)

北部で国軍100人死亡か、武装勢力と衝突激化(04/16)

国軍、シャン州武装勢力2団体との関係強化(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

「シリア思わせる」対応急務と国連弁務官(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン