• 印刷する

州間移動を禁止、20日までの2週間

カンボジア政府は6日、7日から20日までの2週間にわたり、州間移動を禁止すると決定した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑える目的。首都プノンペンと南部カンダル州間の移動は対象外となる。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

政府は、プノンペンが発生源となったクラスター(感染者集団)に関連する市中感染の拡大を抑制するため、州間移動の禁止を命じる指令を発出した。日本大使館は6日、規制に違反した場合、カンボジアの法令に基づき、法的処分や強制隔離措置の対象となる恐れがあるとして、注意を呼び掛けている。

一方で同指令の対象外として、◇プノンペンとカンダル州間の移動◇物品の輸送◇労働省または同省傘下の労働・職業訓練局の許可を受けた工場、企業への従業員の輸送◇緊急の医療サービス利用を目的とした、最寄りの医療施設への移動(本人含めて4人以下に限定)◇帰国者の居住地までの輸送◇任務を遂行するための公務員、軍隊の移動◇救急車や消防車、ごみ収集車の走行◇政府機関から許可を受けたその他必要な移動――などが盛り込まれた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都のコロナ対策強化措置、19日まで延長(05/14)

南西部の新空港が完工へ、年末の開業目指す(05/14)

電子決済システムが著しく進歩=中銀報告(05/14)

「ワクチン接種すべきか」、悩む在留邦人(05/13)

加速する発電所建設、190万kWの電力追加(05/13)

米飲食など、3社がカンボジア進出検討(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン