• 印刷する

テイクオフ:遠くの方でサイレンの音…

遠くの方でサイレンの音が断続的に響き渡る。インターネット上で調べてみると、案の定、マカティ市のビジネス街のビルの屋上当たりが燃えている映像が出てきた。原因は分かっていないが、鎮火され負傷者なども出なかったようでホッとした。

それにしても、最も厳しい外出・移動制限措置が敷かれている中で、なぜ火災が発生したのか。活動が認められている業種もあるが、在宅勤務を推奨している企業は多いだろう。オフィス内にガスコンロでも持ち込んで昼ご飯を作っていたのだろうか。古いビルが乱立するマカティ市のビジネス街なら、漏電の可能性も考えられそうだ。

在宅作業が促進され、自宅で料理する機会が増えた人もいるはず。「ながら作業」で、火を付けたまま、うっかり忘れてしまうリスクもある。火の元はしっかり確認したい。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:所狭しと並べられた豪華…(05/12)

GDP、1~3月4.2%減 5期連続マイナス、感染拡大響く(05/12)

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

新型コロナ、新たに4734人感染(05/12)

ワクチン接種の義務化は撤回、外国人家政婦(05/12)

インド型変異株、国内初の感染確認(05/12)

米ファイザー製ワクチン、第1便が到着(05/12)

マスク着用義務違反、早くも900人逮捕(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン