• 印刷する

テイクオフ:「韓国広報担当者」を自…

「韓国広報担当者」を自称する誠信女子大学のソ・ギョンドク教授が忙しい。

参鶏湯(サムゲタン)を「中国広東省で生まれたチキンスープ料理」として紹介し、朝鮮半島に伝えられた後は、大韓帝国の王室で最も愛された料理の1つになったとした中国ネット大手の百度(バイドゥ)に対し、ソ教授は苦情メールを送り、訂正を求めた。

韓国農村振興庁によると、朝鮮半島では少なくとも朝鮮王朝時代から鶏肉を使ったスープを作っていたという。参鶏湯は、日本による植民地時代に富裕層の間で人気があり、1960年代以降は庶民の多くも食べるようになったのだそうだ。

百度は昨年も、「キムチは中国が起源」と主張。ソ教授はここでも、百度に訂正を依頼した。ソ教授はもちろん、日本の歴史認識に対しても手厳しい。韓国広報担当者の活動に終わりはなさそうだ。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染、3日連続の700人超(04/23)

LINEバンクが開業、最短6分で口座開設(04/23)

LSとASEAN各国大使、経済協力を議論(04/23)

文大統領「温暖化ガス削減目標を引き上げ」(04/23)

航空業の存続競争、激しさ増す 3月国内線はコロナ禍前の水準に(04/23)

半導体、台湾が米中をリード TSMC創業者「人材に優位性」(04/23)

コロナ新規感染、2日連続の700人超(04/23)

ソウルの学校でPCR検査、5月から実施へ(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン