【新時代のリーダー】存在意義が問われる駐在員制度

第52回 新型コロナウイルスの影響で、国境を越えた移動やビザ(査証)の取得が難しくなったため、多くの会社で改めて駐在員の存在意義が問われ始めています。 昨年、弊社と人材関連会社のプロファイルズ(東京都江東区)が合同で実施した調査でも、日系企業の約半数が、「駐在員…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:郵便受けに宛名のない小…(09/27)

コロナ感染対策を再び厳格化 27日から4週間、在宅勤務基本に(09/27)

抗原検査の陽性者、在宅勤務や有休取得要請(09/27)

雇用促進制度、来年3月まで6カ月延長(09/27)

シンガポールとの自由往来再開へ交渉継続(09/27)

中国社、3.5億ドル投資でリチウム工場建設(09/27)

8月製造業生産高11%上昇、4カ月連続2桁(09/27)

移民政策の雇用面に反感、国民半数(09/27)

米、TPP復帰せず「国内投資が優先」(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン