• 印刷する

テイクオフ:シンガポール人の余暇の…

シンガポール人の余暇の過ごし方に限界が来ているようだ。国土の狭さから「国内旅行」がありえないため、近場の高級ホテルに宿泊するステイケーションが人気。ただ新型コロナウイルスの流行後、既に何度もステイケーションをしている友人はそろそろ飽きてきたようだ。

サイクリングやハイキング人口も増えたようで、コロナ以降どこのハイキングスポットに行っても以前よりたくさんの人でにぎわっている。先日オープンしたばかりの旧鉄道沿線を整備した遊歩道「レールコリドー」は、3連休だった先週末に大混雑した。ネット上に出回った写真を見る限り、感染対策の安全な距離をとるのが難しいほどの人出だった。みんな他に行くところがないのだろう。

友人は「こんなに何カ月もシンガポールに閉じ込められるなんて!発狂しそうだ!」と嘆く。自身を含む数人が、一緒に深くうなずいた。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

財務相にウォン教育相が就任 内閣改造、次期首相候補に浮上(04/23)

新規感染39人、国内は3人(23日)(04/23)

変異株の国内感染、これまでに8人=保健省(04/23)

インド人労働者不足に懸念、入国規制強化で(04/23)

20年の汚職告発、コロナ禍で5年ぶり低水準(04/23)

米ビザなど大手企業も参入 設置進む無人AI店舗(下)(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

シンガポールと首脳会談、商用便再開を協議(04/23)

ウェンズ、高級車ロータスのタイ販売権取得(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン