• 印刷する

25年までの観光発展ロードマップなど、承認

カンボジア観光省は、新型コロナウイルス禍からの観光業の復興に向けたロードマップ(行程表)と、北西部シエムレアプ州の観光開発についてのマスタープラン(基本計画)が承認されたと発表した。クメール・タイムズ(電子版)が4日伝えた。

ロードマップは、新型コロナの流行期から収束期にかけての2021~25年を3期に分け、観光業の復興を進める内容。21年をニューノーマル(新常態)における危機管理と、回復に向けた準備のための期間、22~23年を新型コロナ禍からの回復期、24~25年を観光業の本格復興への準備期間と設定した。

シエムレアプ州の観光開発マスタープランは21~35年を対象とし、国内から1,090万人の、海外から750万人の旅行者の誘致を目指す内容となっている。94万人の雇用を創出し、60億米ドル(約6,633億円)の観光収入を上げることも目標とする。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

オミクロン株感染者22人増、累計675人に(01/28)

キャピタルゲイン税、24年に先送りの可能性(01/28)

UAEとの自由貿易協定、締結を模索で合意(01/28)

首相のミャンマー訪問への批判、議会が反発(01/27)

大気汚染抑制に本腰、温室効果ガス削減へ(01/27)

韓国サムスン、交通インフラへの投資に関心(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン