韓国半導体に米中対立飛び火 安全保障に直結、日台漁夫の利も

米国と中国の貿易紛争が激化する中、ハイテク分野でも覇権を争う両国の思惑が韓国の半導体業界にも揺さぶりをかけている。米中両国に生産拠点を持つ韓国最大手のサムスン電子にとっても、悩ましい状況が続きそうだ。米国にとって半導体は安全保障とも直結する問題であり、「対中包…

関連国・地域: 台湾韓国日本米国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

ポスコ、ミャンマー国軍系と合弁解消へ(16:30)

コロナ新規感染、2日連続で600人台(12:41)

政策金利0.5%据え置き、景気の本格回復まだ(04/16)

コロナ新規感染、700人前後で推移(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

少子高齢化が韓国の財政圧迫=IMF警告(04/16)

双竜自の更生手続き開始、ソウル回生裁判所(04/16)

現代自と起亜、上海にR&Dセンター設立へ(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン