• 印刷する

不動産優遇措置、住宅販売に効果見られず

インドネシアで、新規不動産の購入にかかる付加価値税(VAT)の減免など不動産分野の優遇措置が適用されてから1カ月が経過したものの、住宅販売の促進に効果が見られていない。システムの不備や周知不足などを指摘する声が寄せられている。1日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

インドネシア住宅開発協会(Apersi)のダニエル事務局長は「公共事業・国民住宅省が管轄する公共サービス機関(BLU)の住宅ローン資金管理センター(PPDPP)のシステムが、新たな優遇措置に対応していない。このため、補助金対象となる住宅約3,100棟のローン契約が保留になっている」と指摘した。

インドネシア不動産協会(REI)のトトック会長は「加盟するいくつかの不動産開発会社は物件の販売に伸びが見られたものの、優遇措置の効果は十分に表れていない。資金に余裕のある中間層と上位中間層をターゲットに、優遇措置の周知を徹底していく」と述べた。

VAT減免措置のほか、2月には中央銀行が、住宅ローン金利の低下につながる政策金利の7日物リバースレポ金利の引き下げと、住宅物件価格に対するローン借入額の比率(LTV)規制の緩和といった住宅ローン優遇策を打ち出した。

不動産関連のマーケティングなどを手掛けるインドネシア・プロパティー・ウオッチ(IPW)が3月25日に実施した調査では、不動産分野の税制優遇措置について回答者の91%が「知らない」と答えた。LTV規制の緩和について「知っている」と回答したのは24.4%にとどまり、住宅ローン金利については53.8%が「変化なし」と答えた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

民主派、首脳会議参加に意欲 国軍への経済制裁を要請(04/23)

5月24日まで移動規制を強化 帰省禁止の一環で、警戒強める(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

民間ワクチン接種、5月第3週開始に延期(04/23)

アストラが電子マネー事業、アプリも投入(04/23)

バタン工業団地、基礎インフラ建設に着手(04/23)

ハンガリー、インドネシアへの投資基金設立(04/23)

財務相、30年までに輸出企業50万社追加(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン