• 印刷する

防災分野の政策改善支援、円借款500億円

国際協力機構(JICA)は3月31日、インドネシア政府との間で「災害に対する強靱(きょうじん)化促進・管理プログラム・ローン(第2期)」の円借款貸付契約を締結したと発表した。融資額の上限は500億円。

融資は、国内の防災分野の対策・制度の改善を後押しすることで、災害対策への事前投資を促し、対応能力を高めるために活用される。フランス開発庁(AFD)との協調融資が予定されている。JICA関係者によると、フランスの融資額は100万ユーロ(約1億3,000万円)。

貸付契約には、首都ジャカルタでJICAインドネシアの小川重徳所長と、インドネシア財務省資金調達・リスク管理局のルキ・アルフィルマン局長が調印した。償還期間は15年、据え置き期間は5年。貸付金利は年0.45%。

今回の円借款については、2020年10月にインドネシアを訪問した菅義偉首相がジョコ・ウィドド大統領に表明していた。第1期として同年2月に限度額318億円の円借款を供与していた。

インドネシアでは洪水や地滑り、地震、火山噴火などの自然災害が発生しやすく、災害が経済的・社会的損失の一因となっている。特に18年は、8月にロンボク島地震、9月に中部スラウェシ州地震・津波、12月にスンダ海峡の火山噴火・津波が発生し、多数の死傷者を出した。

円借款契約に調印するJICAインドネシアの小川所長(右)と財務省のルキ局長(JICA提供)

円借款契約に調印するJICAインドネシアの小川所長(右)と財務省のルキ局長(JICA提供)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

民主派、首脳会議参加に意欲 国軍への経済制裁を要請(04/23)

5月24日まで移動規制を強化 帰省禁止の一環で、警戒強める(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

民間ワクチン接種、5月第3週開始に延期(04/23)

アストラが電子マネー事業、アプリも投入(04/23)

バタン工業団地、基礎インフラ建設に着手(04/23)

ハンガリー、インドネシアへの投資基金設立(04/23)

財務相、30年までに輸出企業50万社追加(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン