年内にセブンイレブン1.3万店、環境を重視

タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ傘下でコンビニエンスストア「セブン―イレブン」などを展開するCPオールは、セブン―イレブンの店舗数を年内に1万3,000店に増設する計画を明らかにした。環境対策プロジェクト「7ゴー・グリーン」を重視して増設する。3月3…

関連国・地域: タイ
関連業種: 電機食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ人の間でフェイスブ…(05/11)

デジタル活用、アジアに学ぶ MUFGの東南アジア戦略(4)(05/11)

市中感染1622人、初のインド型変異株(10日)(05/11)

東部のBMW販社、ボディ塗装センター開設(05/11)

コロナ禍で中古車店が苦戦、商品確保できず(05/11)

アジアプラス証券、EV産業への投資有望視(05/11)

EA、電動フェリーの商業運航を開始(05/11)

政府、タイ航空の再国営化の可能性を否定(05/11)

不動産MK、賃貸工場開発の共同出資会社(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン