• 印刷する

テイクオフ:大学時代の友人が仕事を…

大学時代の友人が仕事を辞めて英スコットランドに移住した。先に移住していたイタリア人パートナーの「家族」として入国したという。欧州経済地域(EEA)またはスイスに国籍がある人の家族に認められる入国許可で、結婚していなくても2年間の同居歴が証明できれば申請可能。彼らはかつて日本で一緒に暮らしていた。

友人がこのタイミングで決意したのは、英国の欧州連合(EU)離脱を背景に同制度が終了するため。コロナ禍の影響で飛行機が飛ばなかったりと数々の困難があったが、先月ついに入国した。最近では隔離も終え、生活の基盤を整え始めている。

実はこの友人、今年初めに仕事で訪台予定だったのが、コロナで中止になっていた。台湾に来られなかったのは残念だが、友人の新しい門出にこちらもワクワク。往来が再開したら行きたい場所がまた増えた。(屋)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中華電やクアルコム、デジタル化支援で提携(18:51)

テイクオフ:「断水中だからタンクの…(04/21)

南亜科技がDRAM新工場 10ナノ級生産、1.2兆円投資(04/21)

壱伝媒、台湾紙売却で新合意 狭まる包囲網、親中派が批判強化(04/21)

3月の輸出受注3割増、1~3月は過去最高(04/21)

旺宏の6インチ工場、鴻海が提携に関心(04/21)

台湾ベンツ次期総裁、EV投入加速方針(04/21)

給油所にEV充電設備、デルタと北基が提携(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン