• 印刷する

北部と東北部の20県、大気汚染が深刻

タイの一部で大気汚染が深刻化しているもようだ。天然資源・環境省公害管理局の大気質・騒音管理部によると、27日午前7時時点で、北部と東北部の20県で大気中に浮遊する2.5マイクロメートル(ミクロン)以下の微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が、同局の安全基準である1立方メートル当たり50マイクログラムを上回った。ネーションが27日報じた。

20県は、北部のチェンライ、メーホンソン、チェンマイ、ナーン、プレー、ウタラディット、スコタイ、ピサヌローク、カンペンペット、東北部のノンカイ、ルーイ、ナコンパノム、サコンナコン、コンケン、カラシン、ロイエット、チャイヤプーム、ウボンラチャタニ、ナコンラチャシマ、ブリラム。

地域別でPM2.5の1立方メートル当たりの濃度は、北部が35~145ミクロン、東北部が50~73ミクロン、中部と西部が9~32ミクロン、東部が12~19ミクロン、南部が9~22ミクロン。バンコク首都圏は13~35ミクロンだった。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイには多くのカフェが…(08/08)

国内4人目のサル痘感染を確認 防疫対策と行動制限の緩和両立へ(08/08)

新規の感染者2250人、死者35人(6~7日)(08/08)

中国との外相会談、国際問題に協力で合意(08/08)

中国小型EVボルト発売、来年に組立開始(08/08)

モータウンのタイ国境検問所、2日に再開(08/08)

フレイザーズ、倉庫建設などに150億円投入(08/08)

パタヤのコンド、長期ビザセットで予約伸長(08/08)

小型デジカメの開発縮小、パナソニックとニコン(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン