• 印刷する

《日系進出》蔦屋書店の中国3号店、西安に開業

蔦屋書店(東京都渋谷区)は27日、陝西省西安市に中国3号店をオープンした。蔦屋書店の担当者によると、オープン初日は多くの来店者があり、当初計画を超える売り上げがあったという。

高新区に位置する商業ビル「邁科中心(マイケセンター)」の1~2階に出店した。売り場面積は3,419平方メートルで、1階は一般書籍、2階はアートやデザインなどの関連書籍を販売する。取扱書籍は全体で約5万5,000点、うち8割が中国語書籍、2割が和書と洋書となる。雑貨も販売している。

店内にはカフェやシェアオフィスを併設しているほか、中国の蔦屋書店では初となるキッズスペースも設けた。当面は混雑を避けるため入店人数に制限を設けており、入店にはアプリで事前予約が必要となる。

中国3号店は、中国企業の西安邁騏図書文化伝播によるフランチャイズ(FC)出店となっている。

蔦屋書店は昨年10月に浙江省杭州の商業施設「天目里」に中国1号店、同年12月に上海市長寧区の文化施設「上生・新所(コロンビア・サークル)」に2号店をオープンしている。同社は中国で100店舗を出店する計画を掲げている。

西安市にオープンした「蔦屋書店」の中国3号店(同社提供)

西安市にオープンした「蔦屋書店」の中国3号店(同社提供)


関連国・地域: 中国-陝西日本
関連業種: 小売り・卸売りサービスメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日曜の昼下がり。ふとテ…(05/11)

ファーウェイ、首相府に通信機器を寄贈(05/11)

農民工が初の減少 20年に2.85億人、先細りへ(05/11)

企業コスト削減の方針公表、今年は19項目(05/11)

アリババ系網商銀、デジタル元の試験行に(05/11)

知財環境改善へ、取り締まり強化(05/11)

UOBで顧客情報流出、なりすまし詐欺で(05/11)

電子部品5社が増益、巣ごもり追い風(05/11)

財新サービス業PMI、4月は56.3に上昇(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン