• 印刷する

トラジャ空港の運用開始、観光活性化に期待

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は18日、南スラウェシ州タナトラジャ県に建設したトラジャ空港の運用開始を宣言した。同県の観光名所へのアクセスが容易になることで、観光産業の活性化、地方経済の発展が期待される。

トラジャ空港はターボプロップ双発旅客機「ATR 72-600」が離着陸できる長さ2,000メートルの滑走路を有する。ターミナルの面積は1,152平方メートルで、旅客取り扱い能力は年間4万5,000人。建設には8,000億ルピア(約61億円)を投じた。

ジョコ大統領は「これまで州都マカッサルから陸路で9時間かかっていたが、50分に短縮される」と評価。「バリや首都ジャカルタ、西ジャワ州バンドンからも直接タナトラジャを訪問し、観光地を巡ることができるようになる」と指摘した。

大統領は同時に、東ヌサトゥンガラ州のアロール県に建設したパンタル空港の運用も開始すると宣言した。パンタル空港は900メートルの滑走路を備え、ターミナルの旅客取り扱い能力は年間3万6,000人。

ジョコ大統領は、2カ所の空港が周辺地域の経済成長を推し進めるための中心的な役割を果たし、新たな雇用機会を生み出すことを期待すると述べた。

ジョコ大統領はトラジャ空港の運用開始を宣言した=18日(内閣官房提供)

ジョコ大統領はトラジャ空港の運用開始を宣言した=18日(内閣官房提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

石炭139社に輸出許可、国内供給義務達成で(01/21)

通信シングテル、インドネシアの銀行に出資(16:41)

観光協力に関する覚書、インドネシアと締結(01/21)

不動産各社、開発用地を確保 首都移転にらみ、着工は細則待ち(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

ディーゼル発電所33カ所、ガスに切り替えへ(01/21)

インドネシアの石炭一時禁輸、越も動向注視(01/21)

1次エネルギーの再エネ割合、13%に縮小へ(01/21)

22年は石油ガス12鉱区を入札、エネ鉱省(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン