• 印刷する

2月の東南ア訪日者数99.7%減、下落幅拡大

2021年2月に東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国から日本を訪れた旅行者(推定値)は、前年同月比99.7%減の810人だった。前月の93.0%減から、下落幅が拡大した。日本政府観光局(JNTO)の統計で明らかになった。

主要6カ国で、下げ幅が最も大きかったのはタイで99.9%減。マレーシア、シンガポールも99.7%とそれぞれ低迷が続いている。シンガポールは、1月31日以降、新型コロナウイルス変異株の感染者が確認されたと政府が発表している国・地域として、誓約書の提出など検疫強化の対象となっている。

ベトナムは99.5%減の200人だった。1月30日以降、新型コロナ変異株の感染者が確認されたと政府が発表している国・地域として、誓約書の提出など検疫強化の対象となっている。

フィリピンは、99.5%減の200人、インドネシアは99.2%減の200人だった。

主要6カ国の複数の国で、国際的な人の往来再開に向けた段階的措置として、駐在員や長期滞在者の日本との往来を可能にする「レジデンストラック」や短期出張者向けの「ビジネストラック」が運用されていたが、21年1月14日以降、日本で緊急事態解除宣言が発せられるまでの間、運用が停止されている。

タイ、シンガポール、ベトナムは20年11月に、日本政府による上陸拒否と上陸時のPCR検査受診などの対象指定が解除されていたが、緊急事態宣言の発令に伴い、21年1月9日以降は、上陸時のPCR検査などが求められるようになっている。

インドネシア、マレーシア、フィリピンは引き続き、上陸拒否と上陸時のPCR検査受診などの対象となっている。

6カ国とも、査証(ビザ)の効力停止の対象となっているほか、ビジネストラックといった枠組みを利用しない限り、原則として14日間の隔離などが義務付けられている。タイ以外の5カ国は、日本への直行便が21年2月も引き続き大幅な運休・減便となっている。


関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ケッペル、川崎重工などと液化水素事業(16:00)

テイクオフ:女性が一人でタクシーを…(05/12)

大企業も柔軟に使い分け 共用オフィスの需要拡大(下)(05/12)

人件費高騰の建設業界を支援、法案提出(05/12)

重要公共インフラ整備での借入、新法で可能に(05/12)

都市計画スルバナ、環境配慮DCの試験事業(05/12)

シンガポールとの出張者入国特例を一時停止(05/12)

外食大手キムリー、同業の一部事業買収(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン