• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルスの新…

新型コロナウイルスの新規感染者が急増していることを受け、政府関係者や専門家が国民に警戒を呼び掛けている。ただ1日3,000人超という数字は、人々に向けての警鐘としては機能していないようで、多くの人が感染防止策の徹底を忘れているようにもみえる。

自宅近くの路上では、若者たちがコロナ前のように自由に振る舞い、公設市場にいる人の多くは、高齢者も含めマスクのみを着用し、フェースシールドはつけていない。会員制交流サイト(SNS)にリゾート旅行の写真を投稿している人も散見される。

外出・移動制限措置が導入されてから間もなく1年を迎える。長い自粛生活を経て、4月初旬のイースター休暇に旅行を計画している人も少なくないと思われる。今後数週間の対応が人々の計画に大きな影響を与えるとみられるが、政府はどのような対策を打ち出していくのだろうか。(D)


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに8719人確認(17:34)

外出制限の緩和、見通せず 医療逼迫、感染拡大も続く(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

新型コロナ、新たに8767人感染(04/23)

コロナ感染、増加ペース鈍化続く(04/23)

比の経済回復はワクチン接種次第、ア開銀(04/23)

フィリピン航空、コロナ陰性証明アプリ試験(04/23)

ジムや商業施設、ワクチン接種会場に(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン