• 印刷する

エアテル、ファーウェイに30億ルピーの発注

インドの通信大手バルティ・エアテルが、国内の長距離通信網の更新作業の一部について、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に30億ルピー(約44億円)相当の発注を出したことが、業界筋の話で分かった。ファーウェイが発注先に選ばれたのは、既存通信網の運用を手掛けていることが一因とみられる。エコノミック・タイムズ(電子版)が6日に伝えた。

残りの部分の更新について、エアテルは他社への切り替えの余地を残しているようだ。

インドと中国の国境地帯での緊張の激化や米国による制裁の影響で、ファーウェイにはインドで厳しい視線が向けられている。エアテルも移動通信事業の一部で契約先を欧州企業に切り替えており、ファーウェイにとっては、久々の大型受注となるようだ。


関連国・地域: 中国インド
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

封鎖は最終手段に、首相が州政府に呼び掛け(19:55)

シン前首相がコロナで入院、野党のラフル氏も(19:55)

独社製ワクチン、変異株への有効性は8割超(04/21)

J&Jと印製ワクチン、緊急使用を承認(04/21)

インドからの入国規制強化、3週間隔離へ(04/21)

ワクチン1500万人分、印中ロから調達へ(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン