• 印刷する

テイクオフ:インド北部のハリヤナ州…

インド北部のハリヤナ州政府が、地域住民のために民間雇用の75%を確保しようとする動きは、全土の産業界、国民、州政府の政権野党といった多方面で反発を呼んでいる。州および中央政府の与党であるインド人民党(BJP)も、この決定に困惑しているようだ。モディ首相や広報官は、業界の懸念に対応するために中央政府が問題に介入することを示唆している。なぜそんな法律が成立したのだろうか。

理由の1つとして挙げられているは、同州でBJPが連立を組む地域政党の存在。この地域政党が同法を望んでいたため、州政府は同法が裁判所によって取り下げられると知りつつ可決したという。もう1つの理由は農家抗議だ。地域住民の人気取りをしようとしたとされる。州政府は、同法の施行を先送りにする可能性が高い。また同法が法廷で異議を申し立てられるのはほぼ確実視されている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

封鎖は最終手段に、首相が州政府に呼び掛け(19:55)

シン前首相がコロナで入院、野党のラフル氏も(19:55)

独社製ワクチン、変異株への有効性は8割超(04/21)

J&Jと印製ワクチン、緊急使用を承認(04/21)

インドからの入国規制強化、3週間隔離へ(04/21)

ワクチン1500万人分、印中ロから調達へ(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン