ダライ・ラマが接種、新型コロナワクチン

【ニューデリー共同】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(85)は6日、チベット亡命政府があるインド北部ダラムサラで新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた。亡命政府が明らかにした。 関係者によると、新型コロナの流行を受け、ダライ・ラマは昨年2月から会合の予定…

関連国・地域: インド
関連業種: 医療・医薬品政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

シン前首相が新型コロナで入院、容体は安定(14:46)

テイクオフ:「英アストラゼネカ製の…(04/20)

EUがインド太平洋戦略、中国にらみ初策定へ(04/20)

累計感染者1500万人突破 デリーで外出禁止、変異株懸念も(04/20)

世界の新規感染、過去最多(04/20)

ワクチン接種の対象、5月から18歳以上に拡大(04/20)

比など3カ国からの旅客便、着陸を拒否(04/20)

デリーで再び外出禁止措置、26日朝まで(04/20)

ラジャスタン州とUP州5都市で活動制限(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン