声明を検討、安保理=一致対応出せず

【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は、ミャンマー情勢を巡る5日の緊急会合で一致した対応を打ち出せなかったことを受け、水面下で新たな声明発表に向けた検討に入った。ただ中国やロシアは慎重姿勢を崩さず、制裁など実効性のある「強力措置」を議論する機運には乏しく、対…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ソン・ガンホ主演の「タ…(04/20)

「2つの政府」混乱が現実味 民主派、軍政を徹底的に否定(04/20)

「虚偽ニュース」で拘束、日本人フリー記者(04/20)

北角さんの即時釈放を、国際ペンなど声明(04/20)

「民政復活」占いに希望、弾圧下の市民(04/20)

抗議デモ犠牲者の追悼集会、東京の増上寺で(04/20)

ティンジャン休暇の死者、少なくとも27人(04/20)

人権団体、制裁対象者を追加でリストアップ(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン