• 印刷する

テイクオフ:オフィス近くの広場で夕…

オフィス近くの広場で夕方に行われているエアロビクスの参加者が増えている。先日、仕事帰りに通り過ぎた際には、新型コロナ流行前の水準に戻っていた。いや、以前よりも多いと感じるほど活気があった。

国内のゴルフ場で予約が取りづらくなっているというニュースを見たことがある。富裕層は、高額な会員権を複数購入することでプレーできる可能性を高めているという。あるスポーツ用品店によく立ち寄るのだが、初心者と思われる人が店員の説明を聞きながら、ビギナー向けの用具を購入する場に頻繁に出くわすようになった。そういえば、自宅アパートのスポーツ施設も予約が難しくなってきた。

海外渡航がままならない中、小さな都市国家の住民が、健康のためか、ストレス解消のためか、社交のためか、運動に精を出す機会を増やしているようだ。自身も余暇はもっぱら運動だ。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ECラザダと陸運大手、タクシー配車で提携(19:40)

シティの消費者事業、現地2行も買収検討(19:41)

DBS、深セン農村商業銀行の筆頭株主に(19:41)

ホテル大手ファーイースト 、隣国同業と提携(19:42)

新規感染15人、市中は1人(21日)(20:23)

テイクオフ:英国の植民地時代からあ…(04/21)

タクシーSMRT、5年で全て電気自動車へ(04/21)

次世代産業育成に環境整備急務 グラブの米国上場で課題浮き彫り(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン